講師紹介

Kim Se Jong

キム・セジョン Kim Se Jong

 

韓国カンウォン国立大学バレエ学部舞踊学科卒業。

2002年韓国バレエ協会男子クラシックバレエ部門にて大賞受賞。05年韓国ユニバーサル・バレエ団に入団し、ドゥミソリストとして多くの作品に出演。在団中、06年韓国舞踊協会新人舞踊コンクールバレエ部門男子第1位、07年韓国舞踊協会新人舞踊コンクールバレエ部門男子特賞、09年韓国バレエ協会新人賞、バレエ部門銀賞を受賞。

11年東京シティ・バレエ入団。翌年『ロミオとジュリエット』で初主演を飾る。以来『ジゼル』アルブレヒト、『ベートーヴェン交響曲第7番』『Octet』『天地創造よりパドドゥ』(ともにウヴェ・ショルツ振付/日本初演)主演、『白鳥の湖』ジークフリード王子、『くるみ割り人形』コクリューシュ王子、『眠れる森の美女』デジレ王子、『死と乙女』(レオ・ムジック振付)、『コッペリア』フランツほか主要な作品で主演を務める。13、14、19年NHKバレエの饗宴に出演。 安定した技術と、のびやかさと繊細さを併せ持った表現力を発揮している。

大内 麻莉

大内 麻莉 Mari Ouchi

 

4歳からバレエを始める。

2007年 K-BALLET SCHOOL 入学

溝下司朗、高橋佳子、荒井祐子らに師事。

2012年 K-BALLET COMPANYへ準団員として入団。公演出演。

2013年 K-BALLET YOUTH 第1回記念公演「白鳥の湖」にて大きな2羽の白鳥を踊る。

2015年〜現在 東京シティ・バレエ団所属

「白鳥の湖」パドトロワ/花嫁候補、「くるみ割り人形」スペインソリスト/アラブソリスト/葦笛他、「コッペリア」時のワルツソリスト/スワニルダの友人、「眠れる森の美女」鷹揚の精、ウヴェ・ショルツ振付「Octet」、「ベートーヴェン交響曲第7番」など、各作品でソリストとして出演。

瀬尾 和香

瀬尾 和香 Waka Seo

 

6歳よりバレエを始める。

鈴木瀧夫、西脇信雄、横井茂らに師事。

大学卒業後、テーマパークにて多数のレギュラーショー、イベントに参加。

都内ダンス専門学校、ダンススタジオの講師として子供から大人まで指導。

岡 博美

岡 博美 Hiromi Oka

 

3歳よりバレエを始め、川上恵子、深川秀夫に師事。

兵庫県立宝塚北高校演劇科、ボリショイバレエ学校卒業。

2009年に東京シティ・バレエ団入団以降、『白鳥の湖』三羽の白鳥、パ・ド・トロワ、チャルダッシュソリスト『ジゼル』ミルタ、『ロミオとジュリエット』キャピュレット夫人、『くるみ割り人形』スペインソリスト、アラブソリスト、『コッペリア』曙の踊り等主要な役を踊る。

2016年日本初演『L'heure bleue』(イリ・ブベニチェク振付)では主役に抜擢され、2017年「TOKYO CITY LIVE2017」で日本初演された『Octet』(ウヴェ・ショルツ振付)では第2楽章を任される。

現在、ダンサー、バレエ講師、エネルギーワーカーとしても活動中。

沖田 貴士

沖田 貴士 Takashi Okita

 

3歳から母のもとでバレエを始め、6歳からは松山バレエ学校で学び、その後、金田こうのバレエアカデミーにて金田和洋、こうの恭子に師事し、YAGPに出場。

スカラシップ賞を受賞しキーロフ・バレエ・アカデミーに留学。

卒業後、サンフランシスコ・バレエ・スクールで学ぶ。

08年ルーマニアSibiu Ballet Theaterにソリストとして入団。

10年、ブカレスト国立劇場にソリストとして入団。

12年にはアメリカに活動の拠点を戻しTulsa Ballet Theaterに入団。

14年に退団し帰国。15年、東京シティ・バレエ団入団。「白鳥の湖」パ・ド・トロワ、「ジゼル」ペザント、「眠れる森の美女」青い鳥、「L'heure bleue」(イリ・ブベニチェク振付)、「Octet」(ウヴェ・ショルツ振付)3楽章ソリスト、「ベートーヴェン交響曲第7番」(ウヴェ・ショルツ振付)など、バレエ団の公演で主要な役を踊る。洗足学園大学で講師を務める。

Copyright(c) 2021 buhne art center(ビューネアートセンター) All rights reserved. presented by camomillecamonavi